物流・梱包・包装業界
物流・梱包・包装業界の方へ 業界別一覧へ戻る

他の業者よりも高い品質を誇り、価格を上げても選ばれる物流会社になることは賢い選択といえます。「輸送品質.com」でお取引させていただいている物流会社様はそのような会社が多数あります。

しかし、物流会社の品質はどのようにして証明したらいいのでしょうか?
早いことでしょうか?
早さも小売りのAmazonやアスクルの台頭により翌日配送も普通のことに思われてしまう現実があります。

では安全はいかがでしょうか?
「破損などをおこさないように運ぶのは普通のことではないか?それに万が一破損がおこってもトラックの中や載せ替えの荷扱いなんていちいち監視できない、ブラックボックスだよ」とおっしゃられる方もいらっしゃいます。

実は、荷扱いを可視化することは可能です。例えば、振動衝撃を検知するショックウォッチなどのラベルを破損しやすい荷物につけることをサービスにしてしまうのです。
ラベルが赤変しないように丁寧に運ぶ。毎回それをするだけで、今回も安全に運んでくれたんだと目に見える結果となります。

輸送前にお客様と赤変時の対応や連絡先について事前に取り決めをするといいでしょう。

仮に赤変してしまっても、取り決めに従って「この荷物のショックウォッチが赤変してしまいました。衝撃が加わっています。商品に破損などありませんでしょうか?優先的に検査をお願いします」とお客様にお伝えするだけです。そのおかげでかえって信頼できる会社だと評価をいただくこともあります。なぜなら、お客様のなかには輸送した商品に破損があり、物流会社を疑ったが証明できるものがなく泣き寝入りしてしまった経験がある方も少なからずいらっしゃるからです。

このようにラベルひとつでも輸送品質を上げることは、物流会社様のブランディングになりえます。

輸送品質向上のための目的一覧

物流・梱包・包装業界の記事一覧